『建設業を5年以上営んでいる』について

建設業許可を取るのに求められる条件の一つは『建設業の経営経験』です。

 

専門用語で【経営業務管理責任者】と言われています。

 

取りたい許可業種の経営経験なら5年以上
取りたい許可業種と違う経営経験なら6年以上
の経験が必要になります。

 

経営経験として認められるのは個人事業主又は法人の取締役or執行役としての経験となります。

 

条件を満たせば理事、執行役員等(監査役、会計参与、監事、事務局長等)、支配人、支店長、営業所長等でもOKです
詳しくはこちら

注意しなければいけないのは執行役はOKですが執行役員等は原則認められないということです。
名前が似ていて紛らわしいので勘違いしやすいです。
「これらに準ずる者」と認められれば経営業務管理責任者になれるのですが、証明が困難であることは覚悟しておかなければなりません。

 

この経営経験の証明が大変です。

 

5年間やりました!と口頭で主張しても認めてもらえません。

 

しっかりと書類で証明しなければならないのです。

 

個人事業主の経験・・・確定申告書と所得証明書を必要年数分+工事の契約書など
法人の役員経験・・・法人の登記事項証明書+工事の契約書など
(必要年数分以上役員として登記されていないといけません。)
許可業者での経験・・・許可申請書副本など

 

工事の契約書などについて、案件ごとに必要な書類が大きく変わります。
@具体的な工事内容が書いてあることが前提(例えば常用の請求書等は認められません)
A年1件分でよい場合もあれば毎月ごとに1件分と大量に必要となる場合もある。
B契約書がなく注文書、請求書、見積書しかない場合は発注証明書を作りお客様の顧客(工事の発注者)に印をもらわないといけない。
複雑なので詳しくは打ち合わせ時に説明します!

 

 

 

この経営経験を証明できる方が
不正な行為・・・詐欺、脅迫、横領、文書偽造等
不誠実な行為・・・お客様との請負契約に違反する行為
を過去にしていなければ無事【経営業務管理責任者】として認められます。

 

一つ目のハードルをクリアしたことになります。




春日井市を中心に愛知県の尾張地方と岐阜県の東濃地方に対応
愛知県
春日井市、名古屋市(守山区、北区、東区、名東区、千種区、天白区、昭和区、中区、西区、瑞穂区、熱田区、中川区、中村区、緑区、南区、港区)、小牧市、豊山町、瀬戸市、尾張旭市、北名古屋市、犬山市、大口町、扶桑町、江南市、岩倉市、長久手市、日進市、清洲市、一宮市、稲沢市、あま市、愛西市、津島市、大治町、蟹江町、弥富市、飛鳥村、東海市、大府市、豊明市、東郷町、みよし市
岐阜県
多治見市、瑞浪市、土岐市、美濃加茂市、可児市、加茂郡、可児郡