許可の更新について

建設業の許可は有効期間が定められており、5年後に更新しなければなりません。

 

更新の申請は、各建設事務所の窓口ごとに定められている受付開始日(愛知県知事の許可だと有効期限の3か月前)から有効期限の30日前までに完了していなければならないとされています。

 

この30日は行政側の審査期間となります。

 

もし、有効期限の30日前になってもまだ更新申請を出していない状況で「もうダメだ・・・許可を失ってしまう」とあきらめるのはまだ早いです。

 

管轄の建設事務所へ相談してみましょう。

 

おそらく許可証の有効期限内であれば申請を受け付けてもらえて、新たな許可証が出るまでは有効期限を過ぎてもみなし許可で従前の許可が有効という形で配慮してもらえると思います。

 

更新申請が間に合わず、許可が失効する本当のデッドラインは許可証の有効期限日です。
ここを1日でも過ぎると絶対に受理してもらえません。

 

許可が失効すると新たに許可を取りなおす形となり高額な申請手数料や許可のない空白期間など甚大なダメージが発生するのでくれぐれもお気を付けください!

 

他に注意しておかないといけないのは

変更事項があった場合はきちんと更新前に変更届を出しておかないと更新申請が受け付けられないという点です。

 

更新は【現在の許可の状態を新しい有効期間でそのまま引き継ぐ】という手続きなので、更新申請書で変更するということはできず、更新の前に必要な変更事項は全て変更済みの状態でないといけないのです。

 

更新の申請書に記載してある事項と現在の許可の事項に違いを受付窓口で見つかると更新申請は受理されません。

 

仮に窓口で見落としがあり申請が受理されても30日の審査期間で見つかった場合は不許可となっても文句は言えません。

 

必ず更新申請前に必要な変更届を事前に出しているかをチェックしてくださいね!




春日井市を中心に愛知県の尾張地方と岐阜県の東濃地方に対応
愛知県
春日井市、名古屋市(守山区、北区、東区、名東区、千種区、天白区、昭和区、中区、西区、瑞穂区、熱田区、中川区、中村区、緑区、南区、港区)、小牧市、豊山町、瀬戸市、尾張旭市、北名古屋市、犬山市、大口町、扶桑町、江南市、岩倉市、長久手市、日進市、清洲市、一宮市、稲沢市、あま市、愛西市、津島市、大治町、蟹江町、弥富市、飛鳥村、東海市、大府市、豊明市、東郷町、みよし市
岐阜県
多治見市、瑞浪市、土岐市、美濃加茂市、可児市、加茂郡、可児郡